フリーランスの営業代行!個人事業主に業務委託するメリット・デメリット

フリーランスの営業代行!個人事業主に業務委託するメリット・デメリット

フリーランスの営業代行が存在していることをご存知ですか?

近年ではフリーランスで営業代行業務を行っている人が増えてきています。

それは時代背景にもあるのですが、能力のある人が自分の力をフル活用でき且つ見合った給与を手に入れることが出来るということが理由でしょう。

一般的な営業代行業者だと価格設定は割高で、値段交渉は基本的に無理と思っていた方がよいですし、企業としての規則があるので融通が利かないということがほとんどです。

それに対しフリーランスの営業代行は個人が行っているので個人によってそれぞれ特徴があります。

それは主に以下の2点です。

  • 価格
  • 業務内容

それでは企業がフリーランスの営業代行に委託するメリットとデメリットはいったい何でしょうか。

また、フリーランスの営業代行を探す方法についてもご紹介していきましょう!

フリーランス(個人事業主)の営業代行に委託するメリット

フリーランスの営業代行を使うメリットにはどんなものがあるのでしょうか。また、営業代行業者との違いはなんでしょうか。

フリーランスならではの利点についてご紹介します。

スキルの高い人が多い

フリーランスで営業代行を始める人は営業としてのスキルやノウハウを持ち合わせている人が多いです。

企業の営業として活躍している人が副業で行っているパターンと、退職してフリーランスメインでやっている人もいます。それだけの能力があるからフリーランスで出来るわけですね。

ただ、全ての人がフリーランスで成功しているとは限りませんし能力にも差があることも。

その辺りの確認も怠らないようにしましょう。

融通が利きやすい

個人で行っている分自由度が高いため、融通が利きやすいというメリットがあります。

例えば、企業のように勤務時間の規則がないので、土日でも対応してくれたり急ぎの依頼にも応じてくれる場合もありますし、利用料の価格設定も個人で行っているため交渉がしやすいですね。

営業代行会社だと出来ないところまでもカバーしてくれるのが、フリーランスの営業代行の良いところでしょう。

費用を抑えられる

営業代行を行っている企業よりも、フリーランスの営業代行の方が比較的コストを抑えることが出来ます。

案件が小さいものであっても対応してもらえる可能性が高いのもメリットです。

また、成功報酬型で案件を受けている営業代行であれば無駄な費用をかけずに済むので、一般的な営業代行業者の場合、成果報酬型で売上の3~5割が費用相場となっているのに対し、例えばKasooku(カソーク)では企業は売上の35%を報酬として支払うようになっており、比較的費用を抑えられます。

Kasookuはこちらから

フリーランス(個人事業主)の営業代行に委託するデメリット

フリーランスの営業代行に委託すると得られるメリットが分かったところで、今度はデメリットについて1つずつ見ていきましょう。

営業代行を選ぶ場合に気を付けるポイントにもなるので、注意してくださいね。

断られる可能性がある

フリーランスの場合、仕事が立て込むとどうしても手が回らず依頼を断らざるを得ないことがあります。

仕事量や繁忙期などタイミングによっては、請け負ってもらうのは難しいでしょう。

その場合は、営業代行業者に依頼することでカバーできます。詳しくはこちらの記事に営業代行業者について記載されているので、参考にしてみてください。

企業の問題を解決!営業代行が出来ることと選ぶポイントは?

業務を任せられるか心配

企業と異なり一個人に全ての業務を任せられるのか心配でしょう。キャパシティーオーバーになるかもしれませんし、万が一トラブルがあった場合に大きな損失を生む可能性も。

ボリュームのある重要案件を依頼する場合は慎重になった方がよいでしょう。

まずは小さい案件から依頼して、信頼できるのであれば徐々に依頼を増やしていくといった方法で委託していくことで、大きなトラブルを回避できるようになります。

信憑性に欠けることがある

企業とフリーランスの大きな違いは法人かそうでないかということ。企業としての方が信頼や安心があるでしょうが、フリーランスとなると個人の力量によるので本当にいいのかどうなのか判断が難しくなります。

見極めるのは難しいですが、その場合は実績や口コミを見て確認するとよいでしょう。

営業のフリーランスを探す、頼む方法

フリーランスの営業代行のメリット・デメリットが分かったところで、次にフリーランスの営業代行の探し方にですが、どの様に探したら良いのでしょうか。営業代行会社のように検索しても出てきづらいのが事実です。

そんな時は、以下の方法で試してみてくださいね。

TwitterやWantedlyなどのSNSを使う

近年ではTwitterなどのSNSを使って仕事を獲得しているフリーランスの方が多くいます。また依頼をしたい側が活用しているパターンもありますので、マッチすればスムーズに契約が成立するでしょう。

Wantedlyはビジネス向けのSNSなので、ビジネスパートナーを探しやすいかもしれませんね。

Wantedlyはこちらから

フリーランスの人材紹介会社を使う

フリーランスでやっていけるくらいなので、能力はあるでしょう。ですが、全てのフリーランスの営業代行があなたの企業の求めているものとマッチするとは限りません。

そんな時にフリーランスの人材紹介を行っている会社を使うことで解決できます。イメージとしては、副業を採用している企業の社員が、あなたの企業の副業社員として働くという仕組み。

人材紹介会社の審査を通過したスキルのある人材から、ピッタリのフリーランス営業代行が見つかりますよ。

シューマツワーカーであればそれが叶います。HPを一度覗いてみてはいかがでしょうか。

シューマツワーカーはこちらから


Sales hubを利用する

こちらは完全成果報酬型の集客サービスで、「お客さんを紹介してほしい」という集客を目的としている企業に対し、個人で活動している人から紹介を得られるというノーリスクで始められるサービスです。

見込みのあるお客様を紹介してもらえるので、成功率の高い商談が見込めますし、新規開拓に力を入れていきたいと考えている企業にはぴったりのサービスでしょう。

Sales hubはこちらから

まとめ

副業を推奨している企業が増え、活躍の場を自ら見つけている人が増えている中、フリーランスの営業代行を利用する企業もまた増えています。

時代の変化に合わせていくことも、時には必要なのではないでしょうか。

フリーランスの営業代行をうまく利用すれば、企業にとってのコスト削減とスピードの速さ、フットワークの軽さなどメリットは多くあります。

ですが、どこに依頼する場合であっても慎重に行わなければならないのは同じく、条件やスキルについてしっかり事前確認を行いましょう。

営業代行カテゴリの最新記事