営業代行の成功事例!

営業代行の成功事例!

営業代行業者は数多くあるけれど、「実際のところどうなの?」と疑問に思うこともあるでしょう。

営業代行にアウトソーシングすることで得られるメリットや成果はありますが、どのような事例があるのでしょうか。

こちらの記事では、「アポ獲得数が3倍になった」など、実際の営業代行業者がクライアントに対し営業代行を行った事例と、その結果についてご紹介していますので、「どんな事例があるのか気になる!」という方は是非参考にしてみてください。

営業代行業者の成功事例

営業代行業者にアウトソーシングした結果、どんな結果が生まれたのでしょうか。

今回は、営業代行業者の成功事例を3つご用意しましたので、1つずつ見ていきましょう。

株式会社セレブリックス:アポ獲得が3倍になった

株式会社セレブリックスを利用したメリービズ株式会社というバーチャル経理を中心としたアウトソーシングを行っている会社の事例です。

営業代行に依頼したところ、なかなか取れなかったアポイントがどんどん取れるようになったそう。

具体的な理由は、トークスクリプトがしっかり作られていることと、自分たちでは思いつかなかったようなアプローチの方法を持っていたこと。結果、1日1件取れればいいアポイントが3~4件取ってくれるようになったそうです。

このように、アポイント獲得までになにが必要でどうしたらいいのかを、営業代行業者から引き出せるので、結果アポイント獲得数が増えたという結果が得られたということです。

セレブリックスはこちらから

セレブリックスの成功事例はこちらから

株式会社エグゼクティブ:力を入れたいところに集中できる

株式会社エグゼクティブにアウトソーシングしたという、株式会社オープンストリームというIT系企業は、『優秀な営業マンの数=会社の規模』という図式を保つことが難しいと考えるようになったそうです。

そのため、自社の営業マンは提案営業のためのお客様訪問に注力し、以外の部分をアウトソーシングできないかと考えたとのこと。

営業代行にアウトソーシングすることにより、営業の人数を新たに増やすことなく、社員は営業の中でもコアな部分に集中できるようになり、効率よく営業活動ができるようになったということです。

株式会社エグゼクティブはこちらから

株式会社エグゼクティブの成功事例はこちらから

株式会社完全報酬:新規開拓で12倍以上の高い生産性を出した

株式会社完全成果報酬という完全成果報酬型の営業代行業者を利用した、インターネット関連の新規事業におけるBtoBの新規開拓を行ったこちらの企業。

以前ほかの営業代行業者を使ったがうまくいかず成果が出なかったようですが、2週間で50件以上の新規開拓に70%以上の成約が出たという結果が。

具体的には、テレアポのトークスクリプトの立て直しやターゲットの選定を行うことで最終的には12倍以上の高い生産性を得られたということです。

営業代行業者では、新規事業開発の経験を持つ人がプロジェクトマネジメントを行い、新規事業向けのビジネスプロデュースをしてくれるものもあるので、「どのように新規事業を立ち上げていこうか悩んでいる」という企業にはメリットとなるでしょう。

株式会社完全成果報酬はこちらから

株式会社完全成果報酬の成功事例はこちらから

まとめ

営業代行業者を活用した結果、アポが増えたのに加え、営業のコアな部分に集中できるようになったり、コストを抑えつつ更には売上が伸びたりと、成功している企業が多くあります。

自社が何を求めているかによって営業代行の選び方は変わってくるので、まずは自社の課題を見つけることが大切と言えます。

また、全ての営業代行が課題解決できるとは限りません

営業代行によってもできるできないものがあるので、事前に確認や打ち合わせをすることをおすすめします。

営業代行カテゴリの最新記事