営業代行のリスク、トラブルとは?注意点を徹底解説

営業代行のリスク、トラブルとは?注意点を徹底解説

営業代行を使おうか検討しているけれど、不安が残るという会社はありませんか?

うまく利用できれば業績をUPさせることも出来るでしょうし、営業のスキルが身についたりノウハウも蓄積されるでしょう。

でも、営業代行を使うとリスクもあるのではないかと気になるのではないでしょうか。

確かに営業代行は便利かもしれませんが、リスクも当然あります。

今回は、営業代行に外注するとどんなリスクがあるのか、リスクを軽減させるにはどうしたらよいか、その方法をご紹介します。

営業代行で起こりうるリスク・トラブル

営業代行を使うことによって発生する可能性のあるリスクとはどんなものでしょうか。

情報が外部に漏れる可能性がある

自社の情報を共有しなくてはならないため、営業代行から外に情報が漏れてしまう可能性があるということです。

いくら社内での管理体制を厳しくしていても、同じ情報、例えば顧客情報を持った営業代行会社がうっかり外部に漏らしてしまったとなれば、重大なインシデントとなります。

その場合は、営業代行のミスだとしても『自分の会社員として働いている社員』と同じ立場になるので、責任は自社になるということも忘れないでください。

成果が出ないで費用と時間だけがかかる

営業代行は営業のプロ。様々な手法を持って、企業を助けてくれるでしょう。

しかし、100%絶対成果を出せるのかと言えば、それは否。

営業代行が顧客のことや商材をあまり理解していないと、営業活動にもズレが生じてしまい、成約まで到達できずに終わってしまう可能性もあるかもしれません。

そうなってしまうと、これまでかけてきた時間や費用がパーになってしまい、無駄になってしまいます。

契約通りの業務をしていない可能性がある

自社の社員としての立場で働くけれど、営業代行の管理は営業代行会社が行うもの。なので、営業代行業者の業務内容を管理できないため、実際どこにどんな営業活動を行っているのかが見えないということがあります。

そのため、「営業している。」と言われても、実際はしっかりと働いていないなんてこともあり得るのです。

営業代行に支払う費用だけが掛かり、何のメリットも得られないとなれば大きな損失になってしまうでしょう。

営業代行に頼む際のリスク軽減策

リスクはあるけれど、前向きに営業代行を活用したいと思っている場合、そのリスクに対してどのような対処をすればよいのでしょう。重要なポイント2つを説明します。

情報の共有範囲を選定する

情報漏洩や二次利用などを避けるために、営業代行に共有するべきものの範囲をしっかり決めるということです。

企業にとって情報は宝の山ですよね。営業代行に全ての情報を提供してしまったら、うっかり漏れてしまったり、知らないところで悪用されてしまうかもしれません。

基本的にそんなことはないのですが、そのようなリスクを軽減させるためにも、あらかじめ共有する情報は絞っておいた方がよいです。

業務後は報告をしてもらう

営業代行が行う業務に対して、直接の手出しが難しいことが多いため、何をされているのかを把握することが難しいんですよね。

そのためにも、業務終了後若しくは一定の時間帯で報告をしてくれるように依頼をしましょう。

アポはどのくらいの時間をかけて何件取れたのかや、見込み客に対してどのようなアプローチをしているのかなど、細かいところまで共有してもらうようにしてください。

逆に、報告や共有を渋るようであれば、あまりいい営業代行ではない可能性が高いでしょう。

まとめ

どんなサービスでも導入するのにリスクはつきものです。

ですが、どのようなリスクが潜んでいるのか、そのリスクに対してどうしていけばよいのかを事前に理解しておけば、未然に防ぐことができるし、トラブルが起きたとしても冷静に対処できるでしょう。

営業代行カテゴリの最新記事