クロージングまでしてくれる営業代行のメリットとデメリットとは

クロージングまでしてくれる営業代行のメリットとデメリットとは

「アポは取れても、クロージングがうまくいかない。」

「自社製品はとてもいいものだけれど、なかなか売れない。」

こんなお困りの方いらっしゃいませんか?

クロージングがうまくいかない、契約までたどり着けないという企業の悩みは多いようです。

そんな悩みを解決してくれるのがクロージングまでしてくれる営業代行ですが、選ぶ時のポイントがあるのです。

そのポイントは以下の3つ

  • 自社の商材を営業代行してもらえるのか確認
  • クロージングまでの具体的な方法やノウハウを聞く
  • 実際のクロージングに行くまでに要する時間を確認

この3つをクリアできたら、営業代行を利用してみてもいいのかもしれません。

そしてこの記事では、クロージング実施営業代行を利用するメリット・デメリットが何なのかということと、クロージングに強いおすすめの営業代行を4社ご紹介していますので参考にしてみてくださいね!

クロージングまで営業代行に頼むメリット

クロージングを営業代行にお願いするとどんなメリットが得られるのでしょうか。実は、こんなメリットがあるんです。

人件費をかけずに売り上げが伸びる

クロージングまでしてくれる営業代行であれば、基本しっかり売ってくれると思っていてよいでしょう。

売れない営業マンにかけていた人件費をその分営業代行へアウトソーシング、営業代行は売上を出してくれるので、営業において最も重要である契約・販売成立を得ることができるのはやはり大きなメリットですよね。

サービスや製品の改善点を見つけてくれる

クロージング実施してくれる営業代行は、なにもクロージングの時だけ動いてくれるわけではありません。

例えば初訪、再訪とクライアントとのやり取りの中で「お客様はここに不満があるため購入を決めかねている」という、改善点を聞き出してくれることもあります。

クライアントやユーザーの声ってとても大事ですよね。そのようなポイントを聞き出してくれるのも営業代行が持つ力でしょう。

クロージングまで営業代行に頼むデメリット

とはいえ、残念なことにデメリットがあることもこれまた事実。具体的にどのようなデメリットがあるのでしょうか?

全ての商材を請け負ってもらえない

クロージング実施営業代行には、やはり代行できるものできないものが存在します。

営業代行会社に寄るので一概には言えませんが、医学やITなど専門的な知識が必要であったり、商材が特別高額だと、難しい可能性もあるようです。

先述にもあるように、事前の打ち合わせの段階で自社のサービスや商品を営業代行してクロージングまでしてもらえるのかを確認してくださいね。

難易度が高いため費用が高額になる

テレアポは比較的費用を抑えられていますが、クロージングは最も重要で最難関ですので必然的に費用が高くなってしまいます。

ですが、どんなに自社のサービスや製品が素晴らしいものでも売れなければ意味がないですよね。

営業代行は営業のプロ集団なので、営業ノウハウやスキルを得ることができるはずです。なので期間を決めて利用してみてもよいのではないでしょうか。

クロージングに強い営業代行業者

クロージングをしてくれる営業代行を使うと得られるメリットとデメリットを理解して、はじめて自社に必要か不必要かを考えることができると思います。

「使ってみるのもアリだな!」「まずは話しだけでも聞いてみよう。」と思ったのなら、以下の営業代行はどうでしょう。

株式会社コミットメント

営業代行リピート率97%という、リピーターの多い営業代行。

テレアポからクロージングまでを代行してくれて、『御社組員の一員として、営業活動を行います。』とのこと。

初期費用や固定費はかからず、商談の訪問代行費用と成約における報酬のみ費用が発生するというBtoB営業代行サービスです。

http://www.office-com.net/theta/

株式会社Sales and Innovation Japan

本社を品川に構えるセールスアンドイノベーションジャパン。

中でも、新規事業が得意な営業代行会社で、過去10年以上にわたって88業種以上の様々な業種にて営業代行を実施してきた実績があります。

BtoB営業では、順番予約システムの営業代行をした結果、2ヶ月目で受注に至ったという実力のある営業代行ですね。

ほかにも、テレアポやトークスクリプトの作成も行っています。

https://www.salesandinnovation.jp/index.html

株式会社完全成果報酬

主に大きく2つのサービスプランがあり、うち1つが『完全成果クローザー』。訪問営業を成果報酬で営業代行してくれるというもの。

なんと社員は全員飛び込み営業を経験しているということで、見込み客と短時間で信頼関係を築き購買意欲の有無を見極めることができるという、営業で必要なスキルを身に着けている営業のエキスパートたちばかり。

また、初期費用も月額固定費も不要の完全成果報酬型営業代行会社です。

http://www.kanzenseika.jp/index.html

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社

BtoB営業に特化している、セールスマーケティングサービスの中のフィールドセールでは、新規のアポ獲得から訪問・提案・クロージングまでサポートしてくれます。

新規取引企業は100社以上、うち8割がリピートしているとのこと。

訪問以外にも、セールスコンサルティングのサービスもあるので、アポイント獲得の前後にも不安があるという場合には、合っているサービスかもしれません。

https://www.persol-pt.co.jp/salesmarketingservice/fieldsales.html

まとめ

クロージングは着地点であり、最終目標ですよね。

ここをクリアしなければ、企業としては一銭も売り上げが伸びることはありません。

アポは取れても、クロージングがうまくいかないという企業は、クロージングまでしっかりサポートしてくれる営業代行の活用を視野に入れてもよいのではないでしょうか。

思わぬところで、自社製品の改善点が見えてきたり、クライアントとの信頼関係を構築する術を手に入れられるかもしれません。

どの営業代行を利用するにも、まずは3つのポイントをしっかり押さえ、社内で検討するようにしてみてはいかがでしょうか。

営業代行カテゴリの最新記事